ここから本文です

“文筆家”星野源、最新エッセイで自著初首位を獲得

オリコン 4/6(木) 4:00配信

 歌手・俳優の星野源が、雑誌『ダ・ヴィンチ』での連載をまとめたエッセイ集『いのちの車窓から』(KADOKAWA/3月30日発売)が、週間9.1万部を売り上げ、4/10付オリコン週間“本”ランキングの総合部門にあたるBOOK部門で自著初となる首位を獲得した。

【写真】トークイベントを開催した星野源

 同書は、『ダ・ヴィンチ』2014年12月号よりはじまり、現在も継続中の同名エッセイ連載に加え、新たな書き下ろしを収録。『紅白歌合戦』初出場、大河ドラマ『真田丸』出演、そして『逃げ恥』フィーバーと一気にメジャーの舞台へ階段を駆け上がった時期に感じたこと、出会った人、そして自身の成長について、優しく思いやりのある言葉でつづられた。

 さらに、代表曲「SUN」や「恋」ができるまでの過程、こっそり別人としてTwitterをやっていた初公開のエピソード、自分が人見知りであると言うことをやめたきっかけ、日常生活で出会った“気になる”人たちなど、怒涛の毎日を送りながらも、星野がいつも大切にしてきたことが丁寧に描写されている。

 また、同部門ではNMB48・山本彩の1stエッセイ集『すべての理由』(幻冬舎/3月29日発売)が週間1.9万部を売り上げ7位に登場。女性アイドルの著書による同部門TOP10入りは、指原莉乃(HKT48)の『逆転力~ピンチを待て~』(2014年8月発売、最高5位)が2014/8/25付で記録して以来2年8ヵ月ぶりとなった。

 そのほか、写真集部門では人気グループ・AAAのライブ写真集『AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER- PHOTO BOOK』(主婦と生活社/3月31日/週間売上0.7万部)が初登場首位に。グッズ・マルチメディア部門の1位は、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が扮する、トータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMIのオフィシャルブック『YOKO FUCHIGAMI IGIRISU 世界のYOKO OFFICIAL BOOK #BLACK』(宝島社/3月25日発売/週間売上0.5万部)。

最終更新:4/6(木) 4:00

オリコン