ここから本文です

TDL新エリア起工式 「美女と野獣」やミニー施設 20年春開業へ期待

4/5(水) 10:09配信

千葉日報オンライン

 東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で5日、大規模再開発の起工式が開かれた。高さ30メートルの野獣の城が立つ「美女と野獣エリア(仮称)」、映画「ベイマックス」をテーマにした新アトラクション、ミニーのキャラクターグリーティング施設などを建設する。

 式には、運営するオリエンタルランド(同市)の上西京一郎社長をはじめ、ミッキーやミニーも祝福に駆け付け、新エリア誕生に期待をかけた。同社によると、「グランドサーキット・レースウェイ」跡地など、東京ドームとほぼ同じ約4・7ヘクタールの敷地を再開発。開業は2020年春を予定し、投資額は開園以来最大規模の約750億円という。

 上西社長は「東京ディズニーリゾートが新たな夢に向かって動き出した。たくさんのゲストに笑顔とハピネスをお届けできるようになる」と話した。