ここから本文です

亀梨和也、KAT-TUNへの思い 自身の「脱退」はキッパリ否定

4/5(水) 6:43配信

MusicVoice

 KAT-TUNの亀梨和也が3日放送の日本テレビ系『しゃべくり007 春の2時間スペシャル』に出演。充電期間中のKAT-TUNへの思いを語り、自身の脱退は「ない」と強調した。

 MCのくりぃむしちゅー上田晋也がKAT-TUNの話題を取り上げ、メンバーの中丸雄一や上田竜也と連絡を取っているか尋ねられた亀梨。「用があれば」連絡を取ると話し、「新年あけましておめでとうとか、そういうのはしますけど」と現在の交流について触れた。

 すると、くりぃむしちゅー有田哲平から「充電なの?」と半信半疑の様子で聞かれ、亀梨は「充電です。近い将来また集まって」と活動を再開させたい気持ちがあることを語った。

 ただ、有田の追及はやまず、「復活する?」と再度、確認を求められた亀梨。メンバーが4人になった時も同番組に出演し、「また一人辞めるんじゃないの?」と尋ねられたことを口にした後、「まんまと辞めやがったんで」と告白。昨年、田口淳之介が脱退したことに言及した。

 この亀梨の自虐的な発言にスタジオは盛り上がり、ネプチューンの原田泰造は「あの時、言ったよね。辞めませんって。みんな信じたんだよ」と激しくツッコミを入れると、亀梨は「僕も信じたんですよ。なんなら僕が一番信じてたんですよ」と肩を落とすように語った。

 さらに、チュートリアルの福田充徳が「あれは突然だったの?」と確認すると、亀梨は田口が「己の道を」進みたいとの願望を急に告げたことを振り返り、「己の道かあと。やっぱりそこは、人生の話をされてしまえば、なかなか…」と引き留められなかった当時を思い返した。

 亀梨はいま現在、メンバー3人の結束は固いことを告げたが、上田は「前回もそう言ってた。5人の時も君はそう言ってた」と以前の言動を取り上げて問い詰める。亀梨は「むしろ、もし次、誰か抜けることがあったら、自分を疑いますね。自分の感覚っておかしいのかなって」と率直な心境を吐露。

 すると上田は、次は亀梨が脱退する可能性もあることを指摘。これに亀梨は「それは、ないです」とキッパリ否定し、「それは自信をもって」と脱退は有り得ないことを強調し、KAT-TUNへの思いを打ち明けていた。

最終更新:4/5(水) 6:43
MusicVoice