ここから本文です

新日鉄住金ステンレス、4~6月積みフェロクロム価格6%下げで合意

4/5(水) 6:01配信

鉄鋼新聞

 ステンレス・特殊鋼原料フェロクロムの価格交渉で、新日鉄住金ステンレス(NSSC)は4日までに、南アフリカの複数のサプライヤーと4~6月積み価格を1~3月積みに比べ6・4%引き下げることで合意した。同価格は1~3月積みで50%近く上昇。大幅値上げの反動もあって4~6月積みでは若干の修正安となった。

 合意したのは主にステンレス向けの高炭素フェロクロムの価格。1~3月積みに比べ0・11ドルの値下げで、新価格は1・62ドル(クロム純分価格、着価格)になったもよう。値下げは4四半期ぶりだが、50%近い大幅値上げとなった1~3月積みに対し小幅修正にとどまっており、4月以降も高値水準が続く形だ。
 フェロクロムの需給は、欧州やアジアで需要が堅調なほか、主要供給地の南アフリカでの生産制約もあり、タイトな状況が続いている。1~3月積みでは、先高観が急速に広がる中で駆け込みの注文が殺到し、大幅値上げにつながった経緯がある。こうした一過性の要因がなくなったことで、高値修正となった格好だ。

最終更新:4/5(水) 6:01
鉄鋼新聞