ここから本文です

『ドクターX』VS『孤独のグルメ』 視聴者満足度に見るシリーズ化ドラマの「伸びしろ」

4/5(水) 17:07配信

トレンドニュース(GYAO)

2016年、1年間で視聴率が第1位だったドラマは何かご存じだろうか。答えは、テレビ朝日系にて放送された米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』だ。シリーズ4作目となった全11話の平均視聴率は21.5%と、1年間で唯一20%の大台を突破した。

【無料配信】孤独のグルメ Season1 第1話「江東区 門前仲町のやきとりと焼きめし」>>

シリーズ化されたドラマといえば、他に『相棒』『科捜研の女』『チーム・バチスタ』などが挙げられるが、深夜の枠でも人気を博し、この4月クールで6シーズン目を迎えるドラマがある。 

松重豊主演の『孤独のグルメ』(テレビ東京)だ。

このドラマは、個人で雑貨輸入商を営んでいる主人公・井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたもの。物語の大半が一人でご飯を食べているシーンで、“孤独“という設定が故にバラエティの食レポのような派手なリアクションはない。ナレーションで表現した心の声が、よりリアルさを演出し、料理のおいしさが引き立っている。

■視聴率女王『ドクターX』に『孤独のグルメ』は満足度が上回る

データニュース社による「テレビウォッチャー」満足度調査(2012年10月~)によると、『ドクターX』の平均満足度は第1期から順に、4.01、4.04、4.06、4.02(5点満点)。4シーズンを通じて4.0台を推移している。
対して『孤独のグルメ』は、シーズン2こそ3.99と4点に届かなかったが、シーズン3以降は4.19、4.17、4.20と軒並み高い水準を保っている。
(※『孤独のグルメ』シーズン1は調査の対象期間外であるため満足度は不明)
深夜枠ということもあり、視聴率こそ大きく水をあけられているものの、満足度では一歩リードしている状況だ。

『ドクターX』の視聴率は、満足度に呼応するように伸び悩んでいる。第1期から順に19.1%、23.0%、22.9%、21.5%なので高い水準を保っているとも言えるが、満足度の推移を見る限り、仮に続編が放送されたとしても、前作以上の“伸びしろ“は望めないだろう。

1/2ページ