ここから本文です

暴力団の資金源に?「月刊実話ドキュメント」休刊の背景とは

AbemaTIMES 4/5(水) 22:00配信

西岡研介氏「現役の団体のリアルを伝えると権力はとたんに介入する」

 ヤクザをネタに商売しているものといえば、出版以外にも、映画やVシネマがある。しかし、そこでは今回の問題は起こっていない。この違いは何なのだろうか。

 西岡氏によると「『仁義なき戦い』など、昔あったことを取り上げる形であれば、それに対しては規制がない。ただ、今ある団体、現役の団体のリアルを伝えると権力はとたんに介入する」と指摘する。

 尾崎氏も「フィクションかノンフィクションかなど、いろんな考え方があると思うが、やはり内容だと思う。例えば現役の組長が今後組をどうしていくかなどのインタビューが載る雑誌と、組長役の人がピストルで撃たれたり、任侠の世界のいいところも悪いところも見せる作品とでは全く違う」とした。(AbemaTV/AbemaPrimeより)

2/2ページ

最終更新:4/5(水) 22:00

AbemaTIMES