ここから本文です

【フォーミュラE】元F1ドライバーのグティエレス、フォーミュラEデビュー戦は「強烈だった」

4/5(水) 15:30配信

motorsport.com 日本版

 昨年までハースでF1を戦っていたエステバン・グティエレス。しかし今シーズンからF1のシートを失ったため、フォーミュラEへの挑戦を決定。先日行われたメキシコシティePrixより、マー・チンホワに変わりテチータのマシンをドライブした。

【フォーミュラE】第4戦メキシコシティePrixハイライト動画

 しかしグティエレスには、デビュー戦前にフォーミュラEマシンをテストする機会が与えられず、唯一デモ走行でマシンを走らせただけで、初戦を迎えることとなった。しかも、彼のフォーミュラEデビューレースは、母国メキシコである。

 予選を13位で終えたグティエレスは、他のマシンのペナルティなどもあり、9番グリッドからレースをスタート。レース序盤は原因不明のトラブルに見舞われポジションを落としたが、終盤には各所で混乱が生じ、結局10位入賞を果たした。

「非常に激しい経験だったと言うことができると思う。しかし、トップ10フィニッシュと言う良い結果を得ることができた」

 グティエレスはmotorsport.comに対してそう語った。

「基本的には、レースをスタートした時ですら、僕はクルマを学んでいる途中だった。本当に挑戦的な経験だったよ」

「最初のクルマには問題があったんだ。何か正しくないフィーリングだった。これが、僕がいくつかポジションを失った理由だ。それは、あまりにもひどかった。でも、マシンを乗り換えた後は、僕はポジションをたくさん取り戻すことができた」

 テチータのチーム代表を務めるマーク・プレストンは、グティエレスの”最初”のパフォーマンスに感銘を受けたと語る。

「彼は、その日の朝からマシンに乗っただけだ。にもかかわらず、どんどん良くなってきている」

 そうプレストンは語る。

「彼はまだ、ブレーキに慣れていく途中だ。しかし、エネルギーマネジメントは素晴らしかったし、エネルギーの消費目標も良かった」

「今、我々は彼に、このクルマに慣れさせることだけを考えなければならない。そしてこのレースの複雑さは、もちろん彼にとっては全く新しいモノだ。しかし、十分に素晴らしいスタートを切ったと言えるだろう」

1/2ページ