ここから本文です

マルシャル、ラッシュフォードらしっかりしろ! “イブラ無し“では戦えないマンUにキャラガー氏が喝

4/5(水) 12:11配信

theWORLD(ザ・ワールド)

攻撃陣は十分豪華

現在マンチェスター・ユナイテッドは得点力不足と指摘されており、今夏に新戦力を獲得する必要があると言われている。今のチームはズラタン・イブラヒモビッチがいなければ得点を奪えないような状況にあり、来季リーグタイトルを獲得するには改善していく必要があるだろう。

リーグ制覇へマンUは”スタメンの半分以上”替えろ!?

しかし、新戦力に頼ることは正しい解決策なのだろうか。そう疑問を抱いているのが、解説を務める元リヴァプールDFジェイミー・キャラガー氏だ。英『sky SPORTS』によると、同氏はアントニー・マルシャルやマーカス・ラッシュフォード、ヘンリク・ムヒタリアンなどタレントは十分に揃っていると感じており、これだけの選手を抱えながらイブラヒモビッチ抜きでは戦えないことを問題視している。

「マンUには得点を奪えない問題がある。だが、彼らは攻撃のポジションに非常に高額な選手を抱えている。グリーズマン加入の話題があるが、マルシャルだって多額のお金がかかっている。ラッシュフォードは昨季ワンダーボーイだったし、私は彼がファンタスティックな選手になると思う。ムヒタリアンもいる。我々はトップレベルの選手について話をしているんだ。彼らが今季のベストプレイヤーに頼っているのは非常に心配だし、イブラヒモビッチは35歳だからね。彼らはイブラヒモビッチ不在に対応できていないように見えるし、これは良いことではないね」

マルシャルも移籍金だけで3600万ポンドがかかっており、若手にしてはかなり高額なお金が動いている。ラッシュフォード、ムヒタリアンも即戦力となる選手で、本来であればイブラヒモビッチ抜きでもそれなりの結果を出す必要がある。今夏にはさらなる大物を加えることになるかもしれないが、それで得点力不足の全てが解決されるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/