ここから本文です

マンCの攻撃を彩る“ブラジルの神童”の復活が間近に!? 指揮官が口にした回復具合は......

4/5(水) 12:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「リーグ戦はまだ9試合もある」

今季のプレミアリーグ29試合消化時点で4位につけているマンチェスター・シティ。同クラブは日本時間で6日の早朝4時より、同リーグ第31節で首位チェルシーと対戦する。

同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はクラブ公式ホームページのコメントで、負傷離脱中のFWガブリエウ・ジェズスの回復具合について言及している。

「ジェズスが(負傷離脱後)はじめてピッチ上でランニングやウォーキングを行ったよ。いつ実戦復帰できるかは定かではないけれど、少なくともリハビリの最終段階に到達していることは確かだね。シーズン終盤に、彼が僕らを助けてくれると信じているよ」

また、同監督は来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得にむけて、意気込みを語った。

「欧州のコンペティションに出場することはクラブの名声を高めるという意味で重要さ。もちろん、財政的にもね。まだリーグ戦は9試合も残っているし、僕らは可能な限り勝ち点を得る必要がある。これからも前進あるのみだよ」

同リーグ第30節アーセナル戦ではダビド・シルバやケビン・デ・ブライネを中心とするパスワークで試合の主導権を握ったものの、セットプレイでの杜撰なマンマークが原因で勝利を逃したマンチェスター・シティ。今節はセットプレイで無類の強さを発揮するチェルシーが相手となるが、どこまで守備を改善できるだろうか。また、狭いスペースにおいても正確なシュートを放ち、これまで抜群の決定力を誇示してきたジェズスの早期回復は朗報だ。自陣で守りを固める相手からも得点を奪える同選手の復帰時期が、同クラブの命運を握ると言えるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合