ここから本文です

地元出身のロジャーズがフルセット勝利 [チャールストン/女子テニス]

4/5(水) 20:45配信

THE TENNIS DAILY

 アメリカ・サウスカロライナ州チャールストンで開催されている「ボルボ・カーズ・オープン」(WTAプレミア/4月3~9日/賞金総額77万6000ドル/クレーコート)のシングルス1回戦。

土居美咲は1回戦で第13シードのジャン・シューアイに敗退 [ボルボ・カーズ・オープン]

 シェルビー・ロジャーズ(アメリカ)はベロニカ・セペデ ロイグ(パラグアイ)に勝利するため何とか方法を見つけ出そうと努めている間、その表情は絶えず変化し続けていた。

 ロジャーズが故郷の観客の前で最終的に6-7(1) 6-3 7-6(6)でセペデ ロイグを倒すまで3時間近くの間、彼女は前進しては後退し、劣勢になっては攻勢になり、という具合に右往左往していた。試合はロジャーズが劣勢にいるときに雨で中断となり、月曜日から翌日にもち越されていた。

「間違いなく試合の中で何度も流れが変わっていたわね」とロジャーズ。「クレーコートで最初の勝利をつかむというのは、常によいものよ。特にここ、ここの観客の前で。彼らは本当に素晴らしかった。観客の声援が接戦を戦い抜く助けとなったわ」。

 ロジャーズは第3セットで2度ブレークを果たしてリードしていたが、風が強かったこの日はサービスをキープすれば勝利というチャンスを2度にわたって逃していた。

「やり方を変える必要があると考えていた。というのも、彼女がプレーレベルを信じられないくらい上げてきたからよ」とロジャーズ。ロジャーズはテニスボールを打つことを最初にクレーコートで学んできた選手だ。

「第3セットの彼女はまったくミスをしなくなっていた。運命を分けたのは1本のショット。私が風の中で打ったやや無様なショットがダウン・ザ・ラインに決まったの」。

 ロジャーズが次の2回戦で対戦するのは、同胞で同国3位(アメリカの1位、2位はセレナとビーナスのウイリアムズ姉妹)、第1シードのマディソン・キーズ(アメリカ)だ。キーズは1回戦がBYE(免除)のため、この2回戦が初戦となる。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: KEY BISCAYNE, FL - MARCH 26: Shelby Rogers of USA in action against Angelique Kerber of Germany at Crandon Park Tennis Center on March 26, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:4/5(水) 20:45
THE TENNIS DAILY