ここから本文です

三菱マテリアル、焼却飛灰をセメント資源化

4/5(水) 11:59配信

日刊産業新聞

 三菱マテリアルは4日、セメント事業などを傘下に持つ麻生(本社=福岡県、麻生巌社長)と共同出資で、焼却飛灰をセメント資源化する事業会社「北九州アッシュリサイクルシステムズ(株)」を北九州市に設立したと発表した。焼却飛灰を1日最大116トン洗浄処理できる施設を、総工費12億円で建設し、2018年4月の営業運転開始を計画する。

最終更新:4/5(水) 11:59
日刊産業新聞