ここから本文です

トッテナム、将来期待のU-21イングランド代表MFウィンクスがじん帯損傷 今季絶望で長期離脱へ

4/5(水) 14:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

途中出場も多いが、今季公式戦33試合に出場

トッテナムは4日、U-21イングランド代表MFハリー・ウィンクスが負傷し、残りのシーズンをプレイすることができなくなったと発表した。

1日に行われたプレミアリーグ第30節バーンリー戦でスタメンに名を連ねたウィンクス。負傷により、前半アディショナルタイムにムサ・シソコとの交代を強いられていた。その後、チームはソン・フンミンらのゴールで後半に2点を奪い、なんとか勝利を納めている。

クラブの公式サイトによると、のちに行った詳しい検査の結果、ウィンクスが左足首のじん帯を損傷していることが判明。シーズン中の復帰は絶望的と判断されたようだ。

リーグ戦では途中出場も多いが、現在21歳ながら今季公式戦33試合に出場しているウィンクスの離脱は、トッテナムにとって大きな痛手となるかもしれない。同クラブは次節、5日にスウォンジーとアウェイで対戦する。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合