ここから本文です

アトレティコがF・ルイスの2試合連続ゴールでリーグ戦5連勝! シメオネ「多くの決定機もあった」

4/5(水) 15:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

キャリア初の2試合連続得点に

スペインのアトレティコ・マドリードを率いるアルゼンチン人監督ディエゴ・シメオネが、4日開催のリーガエスパニョーラ第30節レアル・ソシエダ戦の勝利を振り返っている。

本拠地ビセンテ・カルデロンに敵を迎えたアトレティコは、フェルナンド・トーレスやアントワーヌ・グリーズマン、ガビ、そしてヤニック・フェレイラ・カラスコといった主力メンバーを先発で起用すると、28分に左サイドバックのフィリペ・ルイスが前節のマラガ戦に続いて2試合連続となるゴールを奪取。攻守に絶大な影響をもたらしたこのブラジル代表DFによる唯一の得点を最後まで守り抜き、クリーンシートで勝ち点3を手にした。試合後、シメオネ監督はホームでの貴重な勝利について次のように言及している。スペイン紙『as』が伝えた。

「我々は自分たちのリズムで試合をコントロールすることができていた。序盤の15分間はソシエダがボールを保有していたがね。アグレッシブなプレスも奏功し、多くの決定機もあった。この勝利はチームにとって非常に大きなものだよ」

リーグ戦5連勝を飾ったアトレティコは次節、首位レアル・マドリードとの大一番“マドリードダービー”を戦う予定となっている。

http://www.theworldmagazine.jp