ここから本文です

ライプツィヒで輝く新鋭ケイタ、他クラブからの関心には「ここで学んでいる最中だ」

4/5(水) 16:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「プレイの質を高めたい」

リオネル・メッシのようになりたい。ドイツのライプツィヒでプレイするギニア代表MFナビ・ケイタは、自身が抱く大きな野望を明かしている。

2部からの昇格1年目でブンデスリーガを席巻し、台風の目となっているライプツィヒは、現在リーグ戦でバイエルン・ミュンヘンに次ぐ2位と奮闘し、奇跡的な躍進を披露。チームの活躍を支える多くのニューカマーが注目を集める中、攻守に絶大な貢献をもたらすケイタもそのクオリティーを絶賛されている1人だ。昨夏にザルツブルクから破格の移籍金でライプツィヒへ加わったばかりの22歳は、独『Kicker』のインタビューに応じ、大きな目標があることを公にした。

「現時点において、僕はまだチームにそれほど大きな貢献をもたらすことができているとは思っていない。でもこれからもっとプレイの質を高めて、将来的にはメッシのように大成功を掴むプレイヤーになりたいね」

この謙虚な新鋭にはユルゲン・クロップ率いるリヴァプールが熱視線を浴びせているとされるが、ケイタはライプツィヒでの戦いに集中しているようだ。

「僕は今、ライプツィヒというクラブで戦えることに大きな幸せを感じているし、選手として必要なたくさんのことを学んでいる最中だよ」

MFながら高い得点能力をも備えるケイタ。数年後には欧州サッカー界を牽引する名手の1人となっているかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1