ここから本文です

ユーヴェ戦で重要なのは「パリ戦の過ちを繰り返さないこと」 敵地での第1戦を警戒するラキティッチ

4/5(水) 18:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ブスケッツを累積警告により欠くバルサだが……

11日にチャンピオンズリーグの準々決勝1stレグが行われ、ユヴェントスとバルセロナがユヴェントススタジアムで対戦する。2年前にベルリンで行われた決勝で相見えた両者が、ベスト4進出をかけて再び激突することとなった。

そんな中、2年前の決勝の舞台で先制ゴールを決めたバルセロナのクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、インタビューでユヴェントス戦について次のように語った。伊『SPORT MEDIASET』などがコメントを伝えている。

「僕らは、長年高いレベルでプレイしているブスケッツを(累積警告により)欠いた状態で戦うことになる。彼のような選手の代わりはいない。ただ、バルセロナは大規模なグループだ。異なるシステムで臨むこともできるし、解決策をちゃんと見つけることができるだろう。重要なのは、パリ戦の過ちを繰り返さないことだよ」

はたして、奇跡のパリ・サンジェルマン撃破で勢いに乗るバルセロナは、2年前のようにユヴェントスを退けることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報