ここから本文です

“新星・久保“に負けるな! シュツットガルトのマネが負傷離脱でジャガー・浅野に実力証明のチャンス

4/5(水) 20:11配信

theWORLD(ザ・ワールド)

アピールの機会に

現在ブンデスリーガ2部で暫定2位に位置しているシュツットガルトにピンチだ。ここまでチームを引っ張ってきたU-21ポルトガル代表FWカルロス・マネが右ひざの手術を受けるため、長期的に離脱することになった。マネはスポルティング・リスボンからレンタルで加入している選手で、シュツットガルトには欠かせない存在だった。マネを失うとなれば影響の大きさはかなりのものだろう。

怪我に苦しむなでしこ岩渕、悩み抜いた末にバイエルンとの契約解除を決断

独『Stuttgarter Nachrichten』もマネの負傷を伝えているが、同メディアが代役に指名したのは日本代表FW浅野拓磨だ。浅野も今季序盤戦からチームの攻撃を引っ張ってきた存在で、右サイドのマネ、左サイド浅野のスピードスターコンビはチームの大きな特徴でもあった。

しかし、今冬にジュリアン・グリーンやヨシプ・ブレカロが加入したことで状況は変化。浅野はウイングからインサイドハーフにポジションを変える機会も増え、慣れないポジションでのプレイを強いられている。最近はゴールにもなかなか絡めない状態が続いており、焦る気持ちもあったはず。マネの離脱はチャンスと言える。独『Zeitungsverlag Waiblingen』のおこなった「マネの代役にふさわしい選手は誰か」とのアンケートでも、浅野はアレクサンデル・マキシム、トビアス・ヴェルナー、ブレカロらを抑えて39%とトップの票を獲得している。サポーターも浅野に期待しているのだろう。

日本代表でも浅野は新星といった立ち位置だったが、最近はヘントで大暴れする久保裕也にその座を奪われた感がある。3月の代表戦2試合でも出番はなく、日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチにアピールをするためにもシュツットガルトで好パフォーマンスを披露したいところだ。浅野はこのチャンスを上手く活かせるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/