ここから本文です

バーンリー、唯一無二の右SBロートンと契約延長「クラブをプレミアリーグに定着させたい」

4/5(水) 22:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今季までだった契約を2020年まで延長

バーンリーは4日、イングランド人DFマシュー・ロートンとの契約を2020年夏まで延長したことを発表した。

現在27歳のロートンは、2015年夏にアストン・ヴィラから当時2部のチャンピオンシップに所属していたバーンリーへ移籍。加入初年度となる昨季はリーグ戦27試合に出場し、チームのチャンピオンシップ制覇と1部昇格に貢献した。そして、今季もリーグ戦29試合にフル出場しており、唯一無二の右SBとしてチームを牽引している。

そんなロートンはクラブの公式サイトを通じて「契約を延長することで、ここに留まることができて嬉しい。チームを去る年だったからね。ただ、クラブや監督が僕に新たな契約を持ちかけてくれたんだ。悩む必要がないから二つ返事したよ」と契約延長の喜びを語った。さらに「僕はバーンリーで過ごす時間を、いつも楽しむことができている。クラブをプレミアリーグに定着させたい」と今後の意気込みも明かしている。

4日のプレミアリーグ第30節ストーク・シティ戦で勝利を収めたことで、現在暫定で降格圏内にいる18位ハル・シティと勝ち点8ポイント差の12位につけているバーンリー。リーグ戦は残すところ7試合または8試合となったため、多少の余裕はあるものの残留争いはまだまだわからない。はたして、ロートンはチームを1部に残留させることができるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合