ここから本文です

谷繁氏が現役時代、阿部封じで行ったこととは…

4/5(水) 10:00配信

ベースボールキング

谷繁氏が語る阿部が好調な理由

 ニッポン放送ショウアップナイターのDeNA-巨人戦の解説を務めた谷繁元信氏が、開幕から好調が続く巨人の阿部慎之助の打撃について解説した。

 谷繁氏は「下からあおらなくなった。状態が悪いときは振り出した瞬間にヘッドが下がる。今年はそれがない」と阿部の好調の理由を説明。

 つづけて「(今の阿部は)バットが立って入ってくる。私がキャッチャーとして見ているときに、バットが下がっているバッターは調子が下がっている。バットが上からきれいに見えたら調子の良いバッターと判断していた」と捕手ならでは目線で好調の阿部を分析した。

捕手・谷繁vs絶好調・阿部

 谷繁氏が現役時代、中日の正捕手として、何度も巨人の主軸を担う阿部と対戦した。

「阿部なんかは手の付けられないぐらい調子がいいときがある。そういう時は、彼を何とか集中力を欠かせるように話しかけていました」というエピソードを披露。

 谷繁氏は好調時の阿部を打席に迎えたとき、話をかけていたそうだが、「ほとんど無視するんですよね。調子のいいときとか、ここって場面はさすがに返してこない。それでも話かけていました(笑)」と阿部を封じるために“ささやき戦術”を行っていたようだ。

阿部への信頼度の高さ

 手が付けられない程、好調が続く阿部。谷繁氏は中日との開幕3連戦で、高橋由伸監督が阿部に対し、信頼を高く感じた場面があったという。それは3戦目の2点を追う4回無死一、二塁の阿部の打席。カウント3ボール2ストライクとなった場面だ。

 谷繁氏はこの局面、「もしかしたらランナーを止めて阿部にフリーで打たせるんじゃないかなという思いと、走らせるのかなと考えたんですけど、ランナーを走らせたんですよ。あれを見た時に高橋監督は阿部を相当信頼しているなというのが伝わってきた。その信頼に阿部が応えようとしている姿が見えた。今年の阿部は手強いんじゃないかな」と監督出身ならではの目線で語った。

 阿部は4日のDeNA戦でも左の田中健二朗から2ランを放つなど、ここまで打率.打率.500(14-7)、本塁打3、打点10を記録する。「キャッチャーを諦めてファーストをやっていく決意をして入ったシーズン。なおさら、バッティングでチームに貢献しようという思いだと思う」(谷繁氏)。今後も阿部の打撃から目が離せなさそうだ。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 3:45