ここから本文です

【楽天】ペゲーロが先制3号2ラン「上手く反応できた」と上機嫌

スポーツ報知 4/6(木) 14:29配信

◆楽天―ソフトバンク(6日・コボパーク宮城)

 2カード連続の勝ち越しを狙う楽天は、好調のカルロス・ペゲーロ右翼手(30)が先取点となる3号2ランを放った。

 両軍無得点の3回2死一塁、1ボール2ストライクからの6球目だった。ソフトバンク先発・バンデンハークの内角低め、123キロのカーブをペゲーロはすくい上げると、打球はライトスタンド中段に飛び込んだ。今季6試合目で早くも3本目の本塁打。シーズン70発を超えるペースで本塁打を量産する助っ人は「打ったのはカーブ。うまく反応することができたね。いいピッチャーから打つことができて嬉しいよ。このあとの打席もいい結果が出せるように頑張るよ」とにっこりだった。

 ペゲーロは開幕から6試合連続で「2番・右翼」で先発。開幕戦の3月31日、オリックス戦(京セラD)の延長11回にセンターへ勝ち越しとなる推定飛距離140メートルの特大弾を放った。さらに2日の同カードでも、1点ビハインドの9回2死から開幕戦と同じような逆転の特大の一発でチームを球団記録に並ぶ開幕4連勝に導いた。

最終更新:4/15(土) 11:23

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報