ここから本文です

宅配を受け取れない人は、だらしない人? 環境省の再配達軽減キャンペーンで物議

4/6(木) 18:03配信

BuzzFeed Japan

環境省が地球温暖化対策として推進している「COOL CHOICE」。その一環として、政府と宅配業界などが組み、宅配便を1回で受け取るよう呼びかけるキャンペーンが3月29日からスタートした。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

その中での「表現」をめぐり、物議が起こっている。

同キャンペーンは、長時間労働が深刻化している宅配便の再配達軽減だけでなく、再配達によってトラックから排出されるCO2を削減するのが目的だ。

環境省、国交省、経済産業省の3省のほかにも、宅配や通販、コンビニ、鉄道業界などから約100社・団体が賛同。配達日時の指定サービスの利用やコンビニ、宅配業者の営業所での受け取りを呼びかけている。

荷物を受け取れない人=だらしない人?

キャンペーンでは動画を使って啓発。物議を醸しているのは以下の動画だ。

主人公の君野イマは、ぐうたらで不摂生な女子高生。身長158センチ。アイスクリームが好きで、節約やエコには興味がない設定だ。

対して君野ミライは、クールで知的なしっかり者。並行世界「クールワールド」からやってきて、ぐうたらなイマを「COOL CHOICE」の伝道師にするのが目的である。
ネット通販を頻繁に利用する若者向けに“萌えキャラ”を起用した。

話題の動画内では、イマが溜め込んだ宅配便の不在票の束を指し、「自分で頼んだものくらい時間指定して一回で受け取りなさいよ」とミライが指摘することから始まる。

また、再配達によって排出されるCO2やドライバーのコストなどを説明し、「何度も配達してもらうのはドライバーの人たちと未来に対する罪よ」とコンビニでの受け取りを促している。

これに対し、ネット上で疑問視する声が上がった。

だらしないキャラが不在票を溜め込んでいることから、「だらしないから1回で受け取らないといいたいのだろうか」「そもそも受け取れる時間に帰れる労働環境が必要なのでは」といった意見が主である。

1/2ページ

最終更新:4/6(木) 18:03
BuzzFeed Japan