ここから本文です

松島がサンウルブズデビューへ! 田中、稲垣、木津、矢富、田村優も戦列復帰

4/6(木) 16:23配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 スーパーラグビーで今季初勝利を目指すサンウルブズに頼もしい男たちが戻ってきた。
 今週土曜日に東京・秩父宮ラグビー場でおこなわれるブルズ(南アフリカ)戦の試合登録メンバーが発表され、NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)キャンプなどでコンディション調整をしていた日本代表の松島幸太朗がFBで先発出場することが明らかになった。松島は昨年、レベルズ(オーストラリア)でスーパーラグビー5試合を経験しているが、サンウルブズでのプレーは初めてとなる。

8Tでジャマイカに54-0。サクラセブンズ、コアチーム昇格大会初戦で快勝。

 同じくサンウルブズに今季新加入のSH田中史朗(前ハイランダーズ)は、第2節のキングズ戦以来、1か月ぶりに9番をつける。
 ほかにも、日本代表キャップ保持者のPR稲垣啓太、HO木津武士、SH矢富勇毅、SO/CTB田村優が今季初出場の準備を整え、リザーブに名を連ねた。
 新戦力のFL布巻峻介もベンチ入りし、スーパーラグビーデビューのチャンス到来。また、開幕から5試合連続で8番をつけていたヴィリー・ブリッツが諸事情により母国・南アに一時帰国しているため、NTTコムに所属する21歳の新鋭NO8ラーボニ・ウォーレンボスアヤコが先発で初キャップとなる。

 キャプテンのFLエドワード・カークは負傷のため欠場となり、3週間前のブルズ戦でデビューを果たした徳永祥尭が6番を任された。ゲームキャプテンは、フィロ・ティアティア ヘッドコーチからリーダーシップの成長を評価されているCTBティモシー・ラファエレが務める。

 指揮官は「稲垣、木津、松島、田村優、矢富といった、何人かの代表レベルの選手たちもチームに帰ってきており、秩父宮のファンの前で彼らのパフォーマンスが発揮されるのを楽しみにしています」とコメントした。

 開幕から5連敗中のサンウルブズだが、相手のブルズも1勝4敗と苦戦が続いており、3月17日に敵地プレトリアで対戦したときは21-34と競っている。昨年4月にジャガーズ(アルゼンチン)から歴史的初勝利を遂げたサンウルブズにとって、今回は南ア勢のチームを初めて倒すビッグチャンスだ。


<サンウルブズ (第7節・ブルズ戦) 試合登録メンバー>

1.山本幸輝  2.庭井祐輔  3.山路泰生  4.リアキ・モリ  5.ヘル ウヴェ  6.徳永祥尭  7.松橋周平  8.ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ  9.田中史朗  10.ヘイデン・クリップス  11.福岡堅樹  12.デレック・カーペンター  13.ティモシー・ラファエレ  14.中鶴隆彰  15.松島幸太朗

〔リザーブ〕
16.木津武士  17.稲垣啓太  18.伊藤平一郎  19.サム・ワイクス  20.布巻峻介 21.矢富勇毅  22.田村優  23.山中亮平