ここから本文です

残り1分で勝利を逃したエヴァートン クーマン監督「2ポイント失った」

4/6(木) 0:12配信

theWORLD(ザ・ワールド)

チームのパフォーマンスには満足

4日、イングランド・プレミアリーグ第31節の試合が行なわれた。マンチェスター・ユナイテッドがホームにエヴァートンを迎えた一戦は、試合終了間際のPKでユナイテッドが追いつき1-1の引き分けに終わっている。残り1分のところでユナイテッドのルーク・ショーのシュートをエヴァートンDFアシュリー・ウィリアムズが手で止めてしまいPKとなっていた。

エヴァートンとしては最後まで守りきり勝ち点3を持ち帰りたかっただろう。エヴァートンのロナルド・クーマン監督は試合後、クラブ公式サイトにパフォーマンスには満足していると語った。

「2ポイント失った。今夜は素晴らしい仕事をしていたのにね。最初の10分、15分はユナイテッドの方が良かったかもしれないが、我々はゲームを支配していた。ディフェンスも良かったが後半にいくつかのミスをしてしまった。たくさんのスペースがあったから2点目を取らなければいけなかった。(マルアン)フェライニや(ズラタン)イブラヒモビッチ、(ポール)ポグバがボックス内にいればいつだって難しいよ。しかし我々はしっかりとした組織で完全に守れていた。PKは正しいジャッジだ。しかし、あと1分で勝利を逃したのは堪え難い。素晴らしい仕事をしていたからとても苦しいよ。しかし1ポイントはOKだ」

ユナイテッド相手の勝利が目前だっただけに残念な結果となってしまった。トップ6入りを目指すエヴァートンにとってはこういった試合での勝利が必要となるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/