ここから本文です

特急形189系で貨物線を走行、信号場で折り返し 「Y158記念列車の旅」発売 JR東日本

4/6(木) 17:13配信

乗りものニュース

「リカちゃん」との撮影会も

 JR東日本横浜支社は2017年4月5日(水)、特急形189系電車を使用した特別列車の旅行商品「横浜セントラルタウンフェスティバル Y158記念列車の旅」を発売すると発表しました。

この記事の画像をもっと見る

 5月27日(土)と28日(日)、横浜の山下公園や馬車道、関内、中華街などで、イベント「横浜セントラルタウンフェスティバル Y158」が開催されます。「Y158記念列車」はこれにあわせて運行。定期旅客列車が走らない貨物線などを走ります。

 車内ではレトロ調の制服を着たスタッフによる検札の演出や、「横浜元町リカちゃん」との記念撮影会を開催。写真は“乗車記念新聞”として、後日、届きます。また当日、記念品として、「Y158記念列車乗車記念証」、オリジナルのキタムラキャンバス地トートバッグ、横浜銘菓が進呈されます(食事はなし)。

行程はA・Bの2コース

 行程は27日(土)出発のAコースと、28日(日)出発のBコースです。いずれも日帰り。Aコースは総武本線の黒砂信号場(千葉市稲毛区)や横須賀線の横須賀駅(神奈川県横須賀市)まで走ります。石川町発着が大人8700円、子供6000円、新宿発・石川町着が大人7700円、子供5500円です。

 Bコースは浜川崎駅(川崎市川崎区)や新鶴見信号場(同・幸区)、東海道本線の根府川駅(神奈川県小田原市)などまで走ります。石川町発着のみで大人8200円、子供5600円です。

 募集人員は各コース300人。申し込みは大人1人以上から可能です(子供のみは不可)。発売は4月17日(月)14時から、東京、横浜エリアの「びゅうプラザ」(一部除く)および「びゅう予約センター」で行われます。

乗りものニュース編集部