ここから本文です

ニッケル系スクラップ 荷繰り不安

4/6(木) 12:22配信

日刊産業新聞

 ニッケル系スクラップの荷繰りが不安視されている。鉱石生産国の輸出緩和動向を受け、価格指標のロンドン金属取引所(LME)相場がトン1万ドルを下回り、国内スクラップ価格にも先安観が台頭してきた。一方で国内ステンレスメーカーの稼働率は高いため、スクラップ現物の不足感が強まることが懸念されている。

最終更新:4/6(木) 12:22
日刊産業新聞