ここから本文です

ミスで“自滅しかけた”首位チェルシー アザールの2得点で4位マンCを退ける

4/6(木) 6:44配信

theWORLD(ザ・ワールド)

勝利を逃しかけたチェルシーだが......

5日にイングランド・プレミアリーグ第31節が行われ、同リーグ首位のチェルシーがマンチェスター・シティ(以下マンC)と対戦した。

先に試合を動かしたのはチェルシー。10分、右サイドを駆け上がったアスピリクエタがペナルティエリア内へグラウンダーのクロスを入れる。このクロスに反応したアザールが右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

幸先よく先制点を奪ったチェルシーだが、まさかの自滅でリードをふいにしてしまう。26分、GKクルトワが自陣でパスミスを犯し、シルバにボールを拾われる。同選手によるシュートはクルトワがセーブするも、こぼれ球をアグエロに押し込まれ、同点に追いつかれた。

しかし、チェルシーは前半のうちに勝ち越しのチャンスを得る。33分、敵陣ペナルティエリア内でペドロがフェルナンジーニョに倒され、PKを獲得。アザールのPKはGKカバジェロにセーブされるも、こぼれ球をアザール自身が押し込み、勝ち越しに成功した。チェルシーが1点をリードし、前半を終える。

来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得にむけて負けられないマンCは、同点ゴールを求めて必死の反撃を試みる。チェルシー陣内でボールを支配する時間を増やしたものの、堅牢な守備陣形を敷くチェルシーを前に、なかなか流れの中で決定機を見出せない。後半アディショナルタイムにはコーナーキックからストーンズが千載一遇のチャンスを迎えるが、右足で放ったシュートは無情にも枠外に飛んでしまった。

試合は前半のスコアのまま終了。チェルシーが何とかリードを守り切り、本拠地での連敗を免れている。

[メンバー]
チェルシー:クルトワ、ケイヒル、D・ルイス、ズマ(→マティッチ 46)、アスピリクエタ、M・アロンソ、カンテ、セスク(→ウィリアン 81)、ペドロ、アザール(→ロフタス・チーク 90)、D・コスタ

マンC:カバジェロ、J・ナバス、コンパニ、ストーンズ、クリシー、デルフ、フェルナンジーニョ、シルバ、デ・ブライネ(→スターリング 79)、サネ(→ノリート 85)、アグエロ

[スコア]
チェルシー 2-1 マンC

[得点者]
チェルシー:アザール(10)、(36)

マンC:アグエロ(26)

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報