ここから本文です

「ジダンよりもピオリの方が素晴らしい監督」逆転負けで批判殺到の指揮官を“Mr.インテル”が擁護

4/6(木) 12:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

新たな選手を獲得し、チームを改善すれば……

現役時代に愛するクラブ一筋を貫き、『Mr.インテル』として活躍したジュゼッペ・ベルゴミ氏が、現在同クラブの指揮官を務めるステファノ・ピオリ監督を擁護している。

3日にホームで行われたセリエA第30節サンプドリア戦で、前半にダニーロ・ダンブロージオのゴールで先制するも後半に2失点し、痛恨の逆転負けを喫したインテル。試合後には、サポーターから指揮官や選手たちへブーイングが浴びせられていた。

そんな中、ベルゴミ氏が伊『Radio24』のインタビューで「マルコ・ジャンパオロのチームから勝利を奪うことは、決して簡単なことではない」とコメントした上で「確かに、ピオリは結果をもたらすことができなかった。ただ、彼を批判し続けることは、彼やチームにとって良いことではないはずだ。私はジダンがピオリよりも素晴らしい監督だとは思わない。だが、ジダンはレアル・マドリードとともにチャンピオンズリーグを制覇した。インテルは新たな選手を獲得し、チームを改善すれば、ピオリのもとで白星を積み上げていくことができるだろう」と述べている。

地元では早くも指揮官交代の噂がささやかれているようだが、ピオリ監督はチームを立て直し、9日に行われるクロトーネ戦で3試合ぶりの勝利へ導くことができるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/