ここから本文です

ドラ9とドラ1が同日プロ初勝利 楽天高梨が“一番乗り”、ロッテ佐々木も好投

4/6(木) 17:35配信

Full-Count

高梨は2番手でリード死守、佐々木はプロ初登板初先発で初勝利

 6日のプロ野球で、今季のドラフト1位ルーキーとドラフト9位ルーキーがそろってプロ初勝利を挙げた。

【ハイライト動画】中田翔から三球三振を奪いガッツポーズ、ロッテ・佐々木の好投!

 新人“一番乗り”で初勝利を挙げたのは、楽天のドラフト9位ルーキーの高梨雄平投手。本拠地ソフトバンク戦で、1点リードの5回に登板。まずは長谷川を左飛に仕留めた。続く高谷、今宮には2者連続ライト前ヒットを浴びて一、三塁とされるも、本多は空振り三振、柳田はニゴロ。無失点で切り抜けてリードを守り、変則左腕はガッツポーズを繰り出した。

 楽天はその後も救援陣が無失点で繋ぐと、7回には相手のミスをついて追加点を奪取。3-1で勝利し、高梨にプロ初勝利がついた。

 そして、試合開始が約1時間遅かったロッテ-日本ハムでは、期待のドラフト1位ルーキーがプロ初登板初先発で初勝利を挙げた。ドラフトでは外れ1位で5球団が競合した末、ロッテに入団した佐々木千隼投手が5回3安打1失点5奪三振6四球。強風の中、制球に苦しみながらも、試合を作った。

 好調の日ハム大谷に初回は四球を与えながら、5回は空振り三振に仕留めるなど無安打に抑える好投。打線は井上が4打点を挙げる活躍で援護し、救援陣も無失点リレーでリードを守った。高梨から約50分遅れでのプロ初勝利となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/6(木) 17:35
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 2:45