ここから本文です

巨人が今季初黒星、開幕5連勝でストップ 吉川が好投、阿部が同点2ランも…

4/6(木) 21:04配信

Full-Count

阿部がリーグトップ4号同点2ラン放つも…DeNA本拠地初勝利&山崎康は今季初セーブ

 巨人は6日、敵地でのDeNA戦に2-4で敗れ、開幕からの連勝は「5」で止まった。同点の7回に山口鉄がピンチを招くと、ルーキー谷岡が梶谷に勝ち越し2点打を浴びた。新加入の吉川光が6回2失点と好投し、6回には阿部のリーグトップ4号同点2ランも飛び出したが、勝利には繋がらなかった。

 巨人移籍後初先発となった吉川光は、初回に2死一、二塁のピンチで宮崎に先制タイムリーを浴びる。2回にも2死二塁で桑原にタイムリーツーベースを打たれ、2点目を失った。

 それでも、3回以降は快投。5回まで3イニング連続3者凡退に抑えるなど、11打者連続凡退に仕留めた。すると、阿部が6回に貴重な同点2ラン。吉川光は6回1死から筒香に右前打を許したものの、宮崎は遊ゴロ併殺打に打ち取り、同点のままマウンドを降りた。

 しかし、7回から登板した山口鉄は、倉本にセンター前ヒット、戸柱には四球で1死一、二塁とされる。DeNAが代打・田中浩を送り、巨人はルーキー谷岡を投入。すると、DeNAは同じルーキーの佐野を代打の代打に送った。

 ルーキー対決は四球で、DeNAは満塁とする。谷岡は続く桑原を空振り三振に仕留めたものの、梶谷にはセンター前に運ばれ、勝ち越しを許した。

 巨人は8回を砂田、三上に無失点に抑えられると、9回は山崎康の前に無失点で敗北。開幕6試合目で今季初黒星を喫した。DeNAは本拠地初勝利。山崎康は今季初セーブを挙げた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/6(木) 21:04
Full-Count

スポーツナビ 野球情報