ここから本文です

阪急、カルビーと初のコロッケコラボ

4/6(木) 7:00配信

Lmaga.jp

誰もがおなじみのお菓子をプレミアム化してきた「阪急うめだ本店」(大阪市北区)が、「カルビーポテト」と初の惣菜コラボを発表。地下1階の惣菜売場に、コロッケ専門店『カルビーポテト』を4月19日にオープンする。

【写真】ポテトスナックフレーバーの「スナックコロッケ」は各種1パック8個入り390円/阪急うめだ本店、4月19日オープン

「ジャガイモのプロ集団が作るコロッケとして、日本で一番おいしいコロッケを目指しました」と、「阪急阪神百貨店」フード商品統括部長の馬場淳士さん。コロッケを作るのは、ジャガイモのことを知り尽くした会社「カルビーポテト」。北海道帯広市に本社をおくカルビーの関連会社で、カルビーのポテトスナックの原料部門を担当する。その結果、ジャガイモの甘みとホクホクした食感が印象的な、世代を超えて食べやすいコロッケに仕上がった。

今回、発売されるのは、「スナックコロッケ」と「カルビーポテトコロッケ」の2種。「スナックコロッケ」は、「関西しょうゆ味」など4種類の「ポテトチップス」と、「たこやき風じゃがりこ」のフレーバーが、ひと口サイズのコロッケに(各種1パック8個入り390円)。「カルビーポテトコロッケ」は、北海道産小麦のパンをその日のうちにパン粉にして揚げた、ホクホクとサクサクがマッチした小判形のコロッケ。「プレーン」(120円)と「北海道発酵バター」(150円)の2種類が登場する。こちらはおかずの1品として重宝しそう。一部商品は4月12日からの催事「北海道物産大会」で先行販売される。

取材・文・写真/太田浩子

最終更新:4/6(木) 7:00
Lmaga.jp