ここから本文です

二条城の花見、外大生が通訳ボランティア

4/6(木) 20:02配信

Lmaga.jp

4月16日まで『二条城桜まつり2017』が開催され、お花見客で賑わう京都の「二条城」(京都市中京区)で、「京都外国語大学」と「京都外国語短期大学」の学生らが通訳ボランティアとして活動。訪れる外国人への観光案内に一役買っている。

世界遺産「二条城」では、毎年『桜の夜間ライトアップ』の時期には、国内外から約7万人が訪問。今年は大政奉還150周年であり、JR東海『そうだ 京都、行こう。』のキャンペーンポスターにも「二条城」の桜が登場するなど、特に注目を浴びるスポットだ。学生らは期間中におこなわれる『夜間ライトアップ』時間帯(18時~21時)の土・日に、英語・中国語でイベント内容を説明。毎回15名程度が東大手門付近に常駐している。

最終更新:4/6(木) 20:07
Lmaga.jp