ここから本文です

アストロズ、延長13回サヨナラで開幕3連勝! 途中出場の青木が”最高のつなぎ”

4/6(木) 13:43配信

ベースボールキング

○ アストロズ 5x - 3 マリナーズ ●
<現地時間4月5日 ミニッツメイド・パーク>

 アストロズの青木宣親が5日(日本時間6日)、本拠地でのマリナーズ戦に途中出場。チームは延長13回の末サヨナラ勝ちを収め、3打席を消化した青木は、1打数1安打、1四球1犠打の働きで、開幕3連勝に貢献した。

 ベンチスタートとなった青木は、2-2の同点に追いついた直後の8回から、左翼の守備に就いた。同点のまま迎えた9回は、先頭打者としてマリナーズの7番手右腕・ディアスと対戦。ボールをじっくりと見極めストレートの四球で出塁したが、続く1番スプリンガーが三ゴロ併殺に倒れ、アストロズはサヨナラ機を逸した。

 同点のまま迎えた延長11回は、無死二塁の好機で2度目の打席へ。ここでは相手投手のジャッグルにも助けられ送りバントを成功させたが、一死三塁からスプリンガーが遊ゴロ、二死後、2番ブレグマンは中飛に倒れた。

 1点を勝ち越された直後の13回は、二死一塁の土壇場で第3打席へ。9番手右腕・デヨングの前に1ボール2ストライクと追い込まれたが、4球目の外角球を逆らわず逆方向へ弾き返し、左前打で出塁。青木のつなぎで一、二塁としたあと、続くスプリンガーがサヨナラ3ランを左翼席へ運んだ。

 青木は8回からの出場だったが、3打席を消化し1安打1四球1犠打の活躍。スタメン出場した開幕戦に続く自身2試合連続安打とし、今季の打率を.500とした。

BASEBALL KING