ここから本文です

楽天、早めの継投策で逃げ切り勝ち ドラ9高梨が新人白星一番乗り!

4/6(木) 16:27配信

ベースボールキング

○ 楽天 3 - 1 ソフトバンク ●
<3回戦 コボパーク宮城>

 楽天が早めの継投策で逃げ切り、このカード2勝1敗と勝ち越し。これで開幕から2カード連続の勝ち越しとし、再びリーグ単独首位に立った。

 楽天は0-0の3回、二死走者なしから1番茂木が四球で出塁すると、続くペゲーロがソフトバンク先発・バンデンハークのカーブを見事に捉え、打球は右翼ポール際に着弾する先制2ランとなった。

 2-1で迎えた7回は、ソフトバンク2番手・寺原から、先頭の7番島内が三塁打を放ちチャンスメイク。続く岡島の打球が二塁・本多の失策を誘い、終盤に貴重な3点目を奪った。

 先発の森は4回まで無安打投球を見せたものの、計6四死球と制球に苦しみ4回1失点で降板。それでも5回以降は高梨、福山、森原、ハーマン、松井裕がそれぞれ1イニングずつを無失点でつなぎ、2番手の高梨がドラフト新人一番乗りとなるプロ初勝利。最後を締めた松井裕は2セーブ目を手にした。

 対するソフトバンクは、打線が森を捕まえ切れず得点は相手失策間による1点のみ。先発のバンデンハークはペゲーロの一発に泣き、今季初黒星を喫した。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報