ここから本文です

加賀太きゅうり青々 金沢で初出荷

4/6(木) 1:19配信

北國新聞社

 加賀野菜の一つ「加賀太きゅうり」の出荷が5日、金沢市下安原町のJA金沢市砂丘地集出荷場で始まり、初日は青々と実った約400キロが市中央卸売市場に運ばれた。6日に県内の小売店などに並ぶ。

 同市打木町の畑では、生産者が収穫作業に汗を流した。同集出荷場加賀太きゅうり部会の西尾哲彦部会長(57)によると、今年は3月に好天に恵まれ、昨年よりも6日早い初出荷となり、品質も上々という。11月上旬までに県内外の市場へ約500トンの出荷を見込んでいる。

 この日は金沢市の農産物ブランド「金沢そだち」に認定されている「金沢きゅうり」の出荷も始まった。初日の出荷量は約1・5トンだった。

北國新聞社

最終更新:4/6(木) 1:19
北國新聞社