ここから本文です

五輪=リオ大会マラソン金メダリスト、薬物陽性反応

ロイター 4/7(金) 11:48配信

[6日 ロイター] - 国際陸連(IAAF)は6日、昨年のリオデジャネイロ五輪の女子マラソンでケニア人女性初の金メダルを獲得したジェミマ・スムゴング(32)の検体からエリスロポエチン(EPO、赤血球生成促進剤)の陽性反応が出たことを発表した。

IAAFは、抜き打ちにより実施されたテストによるものとしている。仮にBサンプルからも陽性反応が出た場合は、ケニアの陸上競技界にとって大打撃となることが予想される。

ケニアはリオ以前の3大会連続で銀メダルを獲得し、2000年シドニー大会では銅メダルを獲得していた。

スムゴングは昨年4月のロンドンマラソンで優勝を飾り、リオ大会ではコース上で抗議行動を行うグループに妨害される事態を乗り越えて金メダルを獲得していた。

最終更新:4/7(金) 11:48

ロイター