ここから本文です

「サリンまく」54歳男、ボートレース場に強要未遂容疑で逮捕

スポーツ報知 4/7(金) 17:43配信

 ボートレース場を運営する日本モーターボート競走会丸亀支部(香川県丸亀市)の職員に「(猛毒の)サリンをまく」などと脅したとして、香川県警は7日、強要未遂容疑の疑いで、無職・田多井誠一容疑者(54)=東京都調布市=を逮捕した。3月に丸亀市や徳島県鳴門市のボートレース場にも爆破予告の電話があり、県警は関連を調べている。

 逮捕容疑は6日午後3時20分ごろ、調布市内の公衆電話から丸亀支部に電話をかけ、女性職員(40)に特定のボートレーサーの名前を挙げて「引退させるよう上の人に言え」と脅した疑い。容疑について田多井容疑者は「はい、そうですね」と認めているという。

 県警によると、電話の発信地などを捜査し田多井容疑者が浮上。5日以降、丸亀市のボートレース場に同様の不審な電話が複数回あり、県警が警戒していた。 3月12日には丸亀支部に「爆弾を仕掛けたから、上に言っておけ。(午後7時に爆破する」と電話があり、ナイター開催が一部中止になった。同26日にはボートレース鳴門に「場内に爆弾を仕掛けた。14時ごろに爆破する」との電話があり、一部中止に。脅迫電話があったのは、いずれも女子選手が出場するレースだった。

最終更新:4/8(土) 14:31

スポーツ報知