ここから本文です

『グラドル番付』横綱・RaMu、破壊力バツグンの強烈ボディを解き放つ

オリコン 4/11(火) 6:30配信

 グラビアアイドルのRaMu(19)が、10日発売の『週刊ヤングマガジン』第19号(講談社)の巻末グラビアに登場。グラビア業界で大注目を集める破壊力バツグンのHカップバストを豪快に見せつけた。

【アップショット】大迫力ボディを披露したRaMu

 RaMuは高校生時代の2014年から6秒動画投稿サイト「Vine」で体を張った芸や変顔を次々と投稿し、その面白さとインパクトで中高生から“教祖”として人気者に。その後、グラビアに進出し、身長148、バスト90、ウエスト58、ヒップ80センチの“神ボディ”を披露すると、『週刊プレイボーイ』が選ぶ「2017年新人グラドル次世代ボイン番付」で「東横綱」に満場一致で選出された。

 そんなグラビア界の超新星が、初登場となる『ヤンマガ』グラビアでもアクセル全開。小さめビキニで大きすぎるバストを惜しげもなく披露し、バンドゥビキニをまとってバスタブに入ったカットでは、デコルテからバストの谷間を強烈にアピールしている。

 また、同号の表紙と巻頭グラビアには、待望のデビューを目前に控えたアイドルグループ・NGT48から高倉萌香(15)、加藤美南(18)、中井りか(19)、北原里英(25)、柏木由紀(25)が登場。フレッシュで爽やかな魅力を放った。

 巻頭カラー漫画は、中丸洋介氏の新感覚クライム・サスペンスの新連載『殺さざる者、生くべからず』。

最終更新:5/7(日) 19:55

オリコン