ここから本文です

重要文化財に初の電車「ナデ6141」 鉄道芸人「奇跡の車両」

4/7(金) 11:53配信

AbemaTIMES

(C)AbemaTV

 鉄道博物館に収蔵されている木造電車「ナデ6141」が重要文化財の指定を受けることになった。電車として日本で初めての指定となったが鉄道芸人のダーリンハニー・吉川正洋は「鉄道ファンにとってはレジェンド車両の功績が称えられるのはうれしいこと」と話した。

 「ナデ6141」は103年前の大正3年に製造され、山手線などで使用されてきた。吉川は「当時はだいぶ働き方が変わってきてサラリーマンの方が増えてきた。そのニーズに応えてできた通勤電車の元祖の車両なんです。木造の車両は寿命はおよそ10年とされていたが、この車両はなんと現役で60年ぐらい走り続けて、今でも博物館で展示されているという奇跡の車両なんです」と興奮しながら説明した。(Abema One Minute Newsより)

最終更新:4/7(金) 11:53
AbemaTIMES