ここから本文です

安全に通学を 新1年生に踏切渡り方指導/富山

4/7(金) 20:05配信

チューリップテレビ

 子どもたちの踏切での事故を防ごうと、富山市では、小学校の新1年生を対象に警察官が踏切の正しい渡り方を指導しました。

 この活動は、新一年生の児童に踏切の安全な渡り方を指導するため、県警と富山ライトレールが、富山市の奥田北小学校の入学式の日に合わせて、毎年、行っているものです。
 7日は、踏切を渡る児童とその保護者に警察官が、左右をよく確認することや、線路に入って遊ばないなど注意点を指導しました。
 県警によりますと、去年1年間に発生した県内の踏切での事故は6件ありました。
 奥田北小学校の新入学生68人のうち18人が通学路に踏切があるということです。

チューリップテレビ