ここから本文です

【映像】シリア軍基地攻撃 ミサイル発射の瞬間=米国防総省

4/7(金) 13:28配信

AP通信

 [シリア 4月6日 AP]

 化学兵器の使用が疑われるシリア軍の攻撃で多数の市民が死亡したことへの報復措置として、米軍は現地時間6日未明、アサド政権の軍事施設に対して複数の巡航ミサイルを発射した。

 映像は米国防総省が公開したミサイル発射時の様子。

 アサド政権への初の直接攻撃で、トランプ米大統領が下した初めての軍事命令となった。

 地中海沖の米海軍ミサイル駆逐艦「ロス」と「ポーター」は、化学兵器攻撃を行った航空機の基地であるシャイラト空軍基地と関連施設に対して、約60発の巡航ミサイル「トマホーク」を発射した。

 6日のミサイル攻撃は、トランプ政権によるシリア政策の転換を意味するもので、同大統領は前日には、アサド大統領に対して化学兵器使用が「一線を越えた」と警告していた。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:4/7(金) 13:37
AP通信