ここから本文です

シリリでは志田未来が!“クレしん”映画に本人役で登場した、一世を風靡した芸能人たち

4/7(金) 12:10配信

dmenu映画

4月15日より公開される『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』。今作は、映画クレヨンしんちゃん』シリーズ25周年記念作品で、ある日野原家にやってきた宇宙人・シリリが発した謎のビームにより、ひろしとみさえは25歳若返り、子どもの姿になってしまうというストーリーです。大人に戻るためには、日本のどこかにいるシリリの父親のもとに行かねばならず、子どもの野原一家がシリリをしんのすけのオシリに隠し、父親を探しに日本縦断の旅に出るロードムービーとなっています。

さて、映画クレヨンしんちゃんといえば、そのとき旬の芸能人が本人役でゲスト出演することがたびたび話題になっています。『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』でも、野原しんのすけが大ファンという設定で、女優の志田未来が本人として出演! 公開アフレコでは、「私がしんちゃんに出られるなんて幻のよう……」と大感激していました。今回は、過去の“クレしん”映画に本人役で出演した、“作品公開当時旬だった芸能人”を、作品内容とともに紹介します。

とにかく明るい安村

2016年公開の劇場24作目『映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』は、監督の高橋渉と劇団ひとりとの共同脚本作品。誰もが見たい夢を見られるという夢の世界を舞台に、しんのすけたちカスカベ防衛隊が人類の安眠を懸けて活躍するというストーリーです。今作に本人役で出演したのは、「安心してください、履いてますよ」でお馴染みのとにかく明るい安村。彼の登場シーンは、当初の監督の指示ではただの「裸のむさ苦しい男たちが走ってくる図」だったそう。しかし、コンテを担当した三原三千夫が「とにかく明るい安村が走ってくる図」に独断で変更。これに笑ってしまった監督は、そのままGOサインを出して起用が決定したそうです。

日本エレキテル連合

2015年公開の劇場23作目『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』は、父ひろしの転勤で春日部からメキシコへと渡った野原一家が、動くサボテンの群れと出会ったことから思わぬ騒動に巻き込まれるというストーリー。今作に本人役で出演したのは、当時大ブレイク中だったお笑いコンビ・日本エレキテル連合です。マダクエルヨバカに来ていた観光客の女性とそのロボットという立ち位置だったので、本人役というよりはコントのキャラである「細貝さんと朱美ちゃん」での出演といった方が正しいかもしれませんね。

1/2ページ

最終更新:4/7(金) 12:10
dmenu映画