ここから本文です

ゆるふわギャングが考える“カッコイイ大人”とは?

4/7(金) 11:29配信

TOKYO FM+

この時代をどう楽しく生きていくのか? どうカッコ良く生きていくのか? あなたのこれからの毎日を変えてくれるかもしれないヒントを、RIP SLYMEがゲストとともに探求していくTOKYO FMの番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」。そのなかで、ゲストに必ず聞く質問が「カッコイイ大人とは?」。
3月31日の放送では、4月5日にファースト・アルバム『Mars Ice House』をリリースした、ゆるふわギャングから、ラッパーのRyugo Ishidaさんとフィメール・ラッパーのSophieeさんが登場。「カッコイイ大人」について答えてくれました。

RYO-Z (前略)お2人がユニットを結成する経緯はどんな感じ?

Ryugo 自分は出身が茨城の土浦なんですけど、そっちでずっと活動をしていて。『EverydayIsFlyday』を自分で出して東京に遊びに行ったときにSophieeと出会って。「タトゥーの感じ似てる」から始まって……「曲を作ろうよ」ってなって作り始めたらバンバン曲ができちゃって……。

RYO-Z 2人の間に何かが……?

Sophiee 遊んでいる延長線上で曲ができていって。曲を作ろうって感じでもなかったよね?

Ryugo うん。

RYO-Z なんか「このビートヤバくね~」って言いながら。

Sophiee (笑)。ノリで……。

RYO-Z 「これだったら、こんな感じじゃね?」って、曲がドンドン出てきちゃうの? スゴイね!(笑)。

Ryugo そしたらあっという間に……。

RYO-Z スゲェゆるふわだね! アットホームな感じで「ちょっと適当にキックしようか?」みたいな。

Sophiee 感覚がスゴイ似てて、お互いやりたいことが似てて。初めて会ったときに全然相手を知らなくて、家に帰って「Ryugo Ishida」で調べて……。

RYO-Z 「あっアイツだ!」みたいな。

Sophiee (笑)。それで「YRB」(YOUNG RICH BOY)っていう曲のPVがYouTubeにアップされてて。そのPVが自分好みで。自分がやりたいことを先にやっているなと思って、自分から声かけて「やろうよ」と。

RYO-Z SophieeはSophieeでやっていたんでしょ?

Sophiee やってました。


◆ゆるふわギャングは4月5日にファースト・アルバム『Mars Ice House』をリリース。4月22日(土)にRyugo Ishidaさんの地元・土浦でリリースパーティ、4月28日(金)には東京・渋谷WWWで初のワンマンライブを開催します。

RYO-Z 結成したのは本当に最近なんだよね?

Ryugo・Sophiee 去年の6月か、7月……。

RYO-Z 超できたて! 超ホットな……! それでそのMVが、いきなり海外メディアというか、ディプロ(Diplo)にツイートされたと……!

Sophiee はい。

RYO-Z どうですか!? もちろんディプロとかも聴いてたでしょ? M.I.A.とか。

Sophiee はい。

Ryugo ツイートされたってことは俺たちと曲をやってくれるチャンスがあるのかなって。

RYO-Z いや、キミたち! 今、ピコ太郎の状態だから! ジャスティンにツイートされたピコ太郎の状態だからね、このミュージックシーンでは……! エライことになってますよ!

Ryugo・Sophiee (笑)

Sophiee でも曲はやりたいですね。チャンスがあるならば。

RYO-Z トラックメイカーはいるわけでしょ? Automaticっていうトラックメイカーとの3人のユニット「ゆるふわギャング」ってことで。

Ryugo・Sophiee そうです。

RYO-Z 作詞に関してもそうなんだけどさ、ノーフューチャーな空気をまとっていながらも前向きなことを言ってるよね。

Ryugo・Sophiee (笑)

RYO-Z たとえば規制音が入りそうな言葉を多用していても、イヤな感じがしない。何だろう? この2人の独特の空気感。

Sophiee 何だろうね? あんまりネガティブなことは言いたくなくて。

RYO-Z うんうん。

Sophiee リリックとかも「将来の自分はこうありたい」っていうのを前向きに書きたいし。

RYO-Z 有言実行ですね。

Sophiee だからあまりネガティブなことは言いたくないし、ネガティブなことがあったとしても、ちょっと面白くして曲にしたいっていうのがウチらにはあるよね?

Ryugo そうだね。

1/2ページ

最終更新:4/7(金) 11:29
TOKYO FM+