ここから本文です

ロッテの「アジャ」井上、覚醒の要因は? 4打点の大暴れで勝利もたらす

4/7(金) 8:11配信

Full-Count

「野球人生初めて」の3打席連続適時打、ルーキー佐々木のプロ初勝利を“アシスト”

 ロッテのドラフト1位ルーキー佐々木に初白星をプレゼントした最大のヒーローは、間違いなく「アジャ」ことロッテ井上晴哉内野手だった。

【ハイライト動画】プロ初勝利のロッテ・佐々木千隼が見せた好投

 6日の日本ハム戦。5日に逆転2ランで開幕5連敗を阻止した鈴木も3安打と死球で全打席に出塁し、「つなぎの5番」の面目躍如だったが、井上の活躍は圧倒的だった。2回に斎藤佑樹のツーシームを左前に先制タイムリー。4回にはカットボールを右中間に勝ち越しの二塁打とすると、6回無死満塁では左翼線に2点適時打で4打点。「おそらく野球人生でも初めてじゃないですか」と言う3打席連続のタイムリーで本拠地のファンを歓喜させた。

 開幕から6試合連続安打で打率も.381。4番のパラデスが相変わらずブレーキで、このまま結果がでなければ日本人4番の可能性も出てくる。

 体重110キロ超の「アジャ」覚醒の要因は、前の打者の観察。打席に入る前の準備だ。

ルーキー佐々木は「可愛いいっす」

「(前の打者の攻めを見て)最初からストライクをとりにきている。じゃあ最初から(ファーストストライクを)いこうじゃないかという考えになりました。意外と冷静に打席に入ることができた」

 打った3打席全て高めに目つけして、1打席目は右方向へ決め打ちしている。満塁の場面では「外野フライでも」の気持ちで思い切って引っ張っるなど、打席ごとに臨機応変に備えたことが最高の結果に繋がっている。

 もちろん、「何とか勝たせたいという思いで打席に入った」とルーキーを思う強い気持ちも。お立ち台で佐々木への思いを聞かれた井上は「可愛いいっす」と言って満面の笑みを浮かべた。

細野能功●文 text by Yoshinori Hosono

最終更新:4/7(金) 8:11
Full-Count

スポーツナビ 野球情報