ここから本文です

トンプソンにキリオスが続いてオーストラリアが2勝 [デ杯テニス]

4/7(金) 19:43配信

THE TENNIS DAILY

 オーストラリア・ブリスベンで開催されているデビスカップ・ワールドグループ準々決勝「オーストラリア対アメリカ」(4月7日~9日/オーストラリア・ブリスベン/ハードコート)は7日、シングルス2試合が行われ、オーストラリアが2勝を挙げた。

デ杯優勝回数1位と2位、アメリカとオーストラリアが準々決勝で対決

 第1試合はジョーダン・トンプソン(オーストラリア)がアメリカのエース、ジャック・ソックを6-3 3-6 7-6(4) 6-4で破り、第2試合ではオーストラリアのエース、ニック・キリオスがジョン・イズナー(アメリカ)を7-5 7-6(5) 7-6(5)のストレートで下した。

 22歳のトンプソンは今年2月の1回戦でデ杯デビューを飾り、この試合がシングルス3試合目。現在のところ無敗の疾走を続けている。

 1回戦の対チェコ戦(オーストラリア・クーヨン/ハードコート)でトンプソンは、イリ・ベセリとヤン・サトラルを倒した。

 トンプソンのランキングは現在79位だが、両国参加選手の中でもっともランキングが高い15位のソックに対しても、これまでの勢いを保って突き進んだ。

 パット・ラフター・アリーナの屋外ハードコートで戦われたこの試合でソックはときどき活力がないように見え、第1セット5-3から2つのダブルフォールトでトンプソンに最初のブレークを手渡してしまった。

 その後、ソックは挽回して第2セットを取り、第3セットでは1-4から巻き返して追いついたものの、タイブレークはトンプソンが取った。トンプソンはソックのサービスゲームを2度ブレークすることで、第4セットをもぎ取った。

 この大きな勝利に、世界16位のキリオスが続いた。

 両国の勝者は9月に行われる準決勝で「ベルギー対イタリア」の勝者と対戦する。

 アメリカはオーストラリアとの歴代対戦成績で26勝20敗とリードしており、両国のもっとも直近の対戦は昨年の1回戦(オーストラリア・クーヨン/グラスコート)。そのときはアメリカが勝利をおさめている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - APRIL 07: Jordan Thompson of Australia celebrates winning a point in his match against Jack Sock of the USA during the Davis Cup World Group Quarterfinals between Australia and the USA at Pat Rafter Arena on April 7, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

最終更新:4/7(金) 19:43
THE TENNIS DAILY