ここから本文です

米、シリア空軍基地をミサイル攻撃 化学兵器使用に報復

4/7(金) 13:28配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【4月7日 AFP】米国は6日、シリアのシャイラト(Shayrat)空軍基地に巡航ミサイル「トマホーク(Tomahawk)」59発を撃ち込んだ。米当局者が明らかにした。

 バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権が国内で行った化学兵器攻撃への報復として、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が大規模な軍事攻撃を命じた。

 4日にあったこの化学兵器攻撃について、米政府はシャイラト空軍基地から行われたとみている。

 トランプ大統領は今回のミサイル攻撃について「死活的に重要な国家安全保障上の利益」だと指摘した。

 シリアの国営テレビは、米国によるミサイル攻撃を「侵略」行為と伝えている。映像は地中海(Mediterranean Sea)東部でトマホークを発射するミサイル駆逐艦「ポーター(USS Porter)」。(c)AFPBB News

最終更新:4/7(金) 13:28
AFPBB News