ここから本文です

オーバーヘッド狙う発想に“天性のゴールセンス“あり バルセロナ指揮官「スアレスは世界最高のFW」

4/7(金) 13:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

抜群の得点感覚

なぜかボールのこぼれてくるところが分かったり、ゴールを決められる絶妙なポジションにいる。そうした得点感覚のようなものを持って生まれた選手もいる。バルセロナFWルイス・スアレスはそれを象徴する選手と言えるのではないだろうか。

レアルサポーター87%がスタメン出場を望む BBCを削ってでも出してほしい”スペインが誇る天才”

スアレスは今節のセビージャ戦でもオーバーヘッドから得点を決めており、試合後に「どこにゴールがあるか分かる」といった発言もしている。あそこでオーバーヘッドを狙おうという発想、正確なキックと、スアレスのFWとしての能力の高さを証明するゴールだったと言える。バルセロナの公式サイトによると、指揮官のルイス・エンリケもスアレスを世界最高のFWだと絶賛している。

「彼はいつでもどこにゴールがあるか理解している。彼は世界最高のFWだよ。フィジカル面だけでなく、ボックスの中でワンタッチでシュートを打つ能力があり、ゴールの位置を把握している。これは素晴らしいことだ」

世界最高のFWは誰かといったことは常に議論され、現代ではスアレス、バイエルンのロベルト・レヴァンドフスキ、ドルトムントのピエール・エメリク・オバメヤンなどが対象に挙げられる。中でも得点感覚の部分ではスアレスが1つ抜け出たところがあり、どんな形からでもゴールを奪う能力がある。世界最高のFWという評価も正しいのではないだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/