ここから本文です

キリオスがイズナーをストレートで破る [デ杯テニス]

4/7(金) 22:30配信

THE TENNIS DAILY

 オーストラリア・ブリスベンで開催されているデビスカップ・ワールドグループ準々決勝「オーストラリア対アメリカ」(4月7日~9日/オーストラリア・ブリスベン/ハードコート)は7日、シングルス2試合が行われ、オーストラリアが2勝を挙げた。

トンプソンにキリオスが続いてオーストラリアが2勝 [デ杯オーストラリア対アメリカ]

 シングルスの第2試合でオーストラリアのエース、ニック・キリオスは20本のサービスエースを放ち、ビッグサーバーのジョン・イズナー(アメリカ)を相手に、7-5 7-6(5) 7-6(5)で退けてオーストラリアに2勝目をもたらした。

 これに先立つシングルス第1試合では、オーストラリアの22歳、ジョーダン・トンプソンがアメリカのエース、ジャック・ソックを6-3 3-6 7-6(4) 6-4で下す番狂わせに成功していた。

 土曜日に行われるダブルスでオーストラリアが勝てば、彼らは9月に予定されている準決勝で「ベルギー対イタリア」の勝者と対戦することになる。ダブルスでは、サム・グロスとジョン・ピアースのオーストラリア・ペアがサム・クエリーとスティーブ・ジョンソンのアメリカ・ペアと対戦する予定になっている。

「明日、勝負を決めることができるよう祈る。今日は信じられないほど素晴らしい日だった」とキリオスは試合後に言った。

「彼(イズナー)は世界最高のサーバーのひとりであり、実力は証明済みのプレーヤーだ。僕は集中して(サービスの)コースを読もうと努め続け、本当にいいリターンができていた」。

 イズナーは、今もっとも波に乗っている選手と当たってしまったと言った。「僕は誰を倒すにも十分なだけいいプレーをしていると感じていたが、ニックの場合は話が違った」とイズナー。「彼はプレッシャーのかかる状況で力を発揮した」。

 キリオスは第1セットで先にワンブレークを許しながらも巻き返し、第11ゲームでイズナーのサービスをラブゲームでブレークすると、次の自分のサービスゲームはサービスエースでセットをものにした。

 第2セットのイズナーは5-5から2度ブレークポイントをセーブして勝負をタイブレークにもち込んだが、キリオスが最後の3ポイントを連取してセットカウントを2-0とする。

 第3セットでのイズナーは5-6からの自分のサービスでマッチポイントをしのいだが、やはり最後の3ポイントを失い、結果的にストレートで敗れることになった。

 一方、世界79位のトンプソンは彼のデビスカップ・デビュー戦となった2月の1回戦、対チェコ戦でプレーしたシングルス2試合にも勝っていた。彼はこの対戦の出場選手の中でもっともランキングの高い15位のソックに対する試合でも、その好調さを維持して勝利をつかんだ。

 ソックはときどき活力がないように見え、第1セット5-3から2つのダブルフォールトをおかして、最初のブレークを自らトンプソンに手渡してしまった。

 ソックは挽回して第2セットを取り、第3セットでは1-4から巻き返して追いついたものの、タイブレークはトンプソンが取った。トンプソンはソックのサービスゲームを2度ブレークすることにより、第4セットで勝負に決着をつけた。

「僕はただ彼を消耗させようと努めたんだ。自分がそうするに十分なだけ、よい体調であると思った」とトンプソン。「僕は過剰に大それたことをしようと努めてはいなかったよ。それは僕のプレースタイルの範疇ではないからね」。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: BRISBANE, AUSTRALIA - APRIL 07: Nick Kyrgios of Australia plays a shot in his match against John Isner of the USA during the Davis Cup World Group Quarterfinals between Australia and the USA at Pat Rafter Arena on April 7, 2017 in Brisbane, Australia. (Photo by Bradley Kanaris/Getty Images)

最終更新:4/7(金) 22:30
THE TENNIS DAILY