ここから本文です

ソル・キャンベルはA・サンチェスの虜!? 「どんな手段を使っても残留させるべき」

4/7(金) 14:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

その存在は価値があると主張

かつてアーセナルで活躍した元イングランド代表のソル・キャンベル氏が、古巣にチリ代表アタッカーを放出しないよう強く警告している。

屈辱的な大敗によるチャンピオンズリーグからの敗退やチームメイトとの対立説など、多くのネガティブな状況により、他クラブへの退団が濃厚とされるアレクシス・サンチェス。アーセン・ヴェンゲル監督の進退と共に、今後のガナーズを左右する大きな懸念事項とされるが、キャンベル氏は“どんな手段を使ってでも”サンチェスをチームに残すべきだと主張した。『Omnisport』がレジェンドの進言を伝えている。

「アーセナルはサンチェスを残留させるためならいかなる手段をも駆使するべきだ。サンチェスのようにハイレベルな選手と新たな契約を締結すれば、他のチームメイトにも影響を及ぼすことができる。自分たちはとても大きなことを成し遂げることができると確信させられるからね」

彼は、サンチェスがクラブのレベルを引き上げるとも話している。

「今のアーセナルで最も気を張っているのがサンチェスだよ。孤独に1人で戦っている。他の選手は彼を見て、何かを感じるだろう。モチベーションに繋がるし、それによってガナーズというクラブも前進することになるよ」

http://www.theworldmagazine.jp