ここから本文です

アザールを残すべきと語るクルトワ「チャンピオンズリーグを制覇したいなら彼は必要」

4/7(金) 15:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

タイトル獲得には名手が必要だと警告

エデン・アザールをチームに残すべき。チェルシーでプレイする同胞のティボー・クルトワがそのように提言している。

今季より始動したアントニオ・コンテ政権下において、抜群の想像性と攻撃力を遺憾なく発揮し、28試合出場13ゴール5アシストという圧巻の戦績を残すアザール。いまやプレミアリーグ屈指のアタッキングMFにまで成長した同選手にはかねてよりレアル・マドリードへの移籍が取り沙汰されているものの、同じくベルギー代表のクルトワはアザールがチェルシーにとっては不可欠なプレイヤーだと語り、売却してはならないと警告した。英『Evening Standard』が伝えている。

「アザールは間違いなく世界最高プレイヤーの1人だ。もしもチェルシーがもう一度チャンピオンズリーグの優勝を目標にしているのなら、彼のような名手は欠かせないよ。大きなことを成し遂げる上で、アザールは大切な役割を担うんだ」

クルトワは、アザール退団が“単なる噂”だと断言している。

「彼にはなんの迷いもない。単なる噂に過ぎないからね。リラックスしてると思うよ。アザールは、自分がチームで重要な立場にあることを熟知している。僕らは共にチェルシーというクラブに移籍してきて正解だったと感じてるんだ。今後もこのチームでやり続けたいと願ってるよ」

http://www.theworldmagazine.jp