ここから本文です

巨人「伝統の一戦」初戦に勝利 岡本タイムリー&中井1号ソロ、マイコ2勝目

4/7(金) 21:09配信

Full-Count

阪神は連勝2で止まる

 巨人は7日、甲子園で阪神と今季初めての「伝統の一戦」に臨み、5-3で勝利した。初回にマギー、岡本のタイムリーで3得点。常にリードを奪う展開で競り勝った。マイコラスが今季2勝目。6日のDeNA戦で連勝が5で止まっていた巨人は連敗を逃れ、逆に阪神は連勝が2で止まった。

 巨人は初回、相手先発・岩貞に対し、先頭・中井がセンター前ヒット。立岡はバント失敗に終わるも、坂本がライト前ヒット、阿部が四球で1死満塁とした。ここでマギーは左中間へ大きなフライ。打ち取った当たりにも見えたが、最後は糸井と高山が見合うような形となり、打球はポトリと落ちた。中井が生還し、先制点が入った。さらに、2死満塁となってから岡本はレフトへタイムリー。阪神のまずい守備もあり、初回から幸先よく3点を奪った。また、2回には中井の今季1号が飛び出し、4-0とリードを広げた。

 一方、巨人先発のマイコラスは4回まで毎回ヒットを浴びるも無失点に抑えていたが、5回に1失点すると、6回にも福留のタイムリーなどで2失点。それでも巨人は7回に代打・亀井の犠飛で1点を追加すると、マイコラスは7回まで3失点に抑えてマウンドを降りた。

 巨人は8回をマシソン、9回をカミネロが無失点に抑えて勝利。「伝統の一戦」の初戦を白星で飾った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/7(金) 21:09
Full-Count

スポーツナビ 野球情報