ここから本文です

「県民を守って」辺野古で座り込み40人 機動隊が強制排除

4/7(金) 11:10配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で7日午前、機動隊が新基地建設に反対して座り込む市民約40人を強制排除した。その後、ミキサー車など30台以上の工事車両が基地内に入った。市民は機動隊に「県民を傷付けるな」「県民を守れ」と声を上げた。

 シュワブ沖はこの日、波が高く、海上の作業は確認されていない。

最終更新:4/7(金) 21:45
沖縄タイムス